公益社団法人 日本小児保健協会

協会からのお知らせ

(更新:2017.3.14)

厚生労働省:「マタニティマークは3月10日で11周年を迎えます。」~これまでの10年、これからの10年~
(マタニティマーク ファクトブック)

(情報提供)
厚生労働省
雇用均等・児童家庭局母子保健課

平成18年3月に「健やか親子21」推進検討会において、妊娠・出産に関する安全性と快適さの確保をめざし発表した「マタニティマーク」は、誕生から11周年を迎えます。

これまでのマタニティマークに関する取組を振り返るとともに、これからの10年に向けた取組を進めていくため「マタニティマーク ファクトブック」を作成しました。

厚生労働省では、ホームページや政府広報などさまざまな機会・ルートを通してマタニティマークを広めるとともに、公共機関や職場などに取組への協力をお願いすることで、引き続き妊産婦さんにやさしい環境づくりを進めていきます。

健やか親子21推進協議会の皆様におかれましても、引き続き、妊産婦さんにやさしい環境づくりの推進に御理解・御協力をお願いいたします。

○厚生労働省プレスリリース
「マタニティマークは3月10日で11周年を迎えます。」
~これまでの10年、これからの10年~
厚生労働省ホームページ