公益社団法人 日本小児保健協会

沿革・歴史

沿革・歴史

日本小児保健協会は、その前身の日本小児保健研究会(昭和8年発足)を含めると70年以上の歴史を有している。簡単な沿革は以下の通りである。

昭和8(1933)年5月3日 発会式および第1回講演会(慶應義塾大学医学部講堂)
同年7月31日 機関誌「小児保健研究」創刊
昭和19(1944)年 戦争激化のためこの年5月の学会をもって休会。「小児保健研究」第12巻第2号にて休刊。
昭和29(1954)年2月10日 再発足記念総会(東京都日本橋保健所講堂)。1月31日付「小児保健研究」第13巻第1号より復刊。
昭和37(1962)年4月11日 社団法人の設立認可おりる。所管は厚生省児童家庭局母子衛生課(現・厚生労働省雇用均等・児童家庭局母子保健課)。
昭和58(1983)年7月1日 日本小児保健協会50周年記念行事を東京・新橋にて開催。
平成16(2004)年3月 「小児保健研究」増刊『日本小児保健協会50周年記念特別号−再発足後半世紀のあゆみ−』刊行。
平成23(2011)年9月 「小児保健研究」増刊『70巻記念号』刊行。
平成24(2012)年4月 公益社団法人の設立認可おりる。所管は内閣府。
   

毎年、年次学術集会会頭の主催の下、「日本小児保健協会学術集会」が開催される。学術集会開催地は会頭ごと毎年変わる。

また、年1回「小児保健セミナー」が東京にて開催され、講演内容は、毎年「小児保健研究」に掲載されている。

機関誌「小児保健研究」が年6回、奇数月に刊行され会員に配布されている。

役員の選挙は定款に則り2年に1回行われる。

歴代会長

名誉会長 潮 恵之輔
村上 勝美
平山 宗宏
前川 喜平
巷野 悟郎
村上 睦美
衞藤 隆
会 長 潮 恵之輔
斎藤 潔
(代行)野津 謙
村上 勝美
巷野 悟郎
平山 宗宏
前川 喜平
村上 睦美
衞藤 隆
大西 文子
岡田 知雄
秋山 千枝子 ※現職
   

学術集会一覧(過去の開催学会および今後の開催予定)

回数 開催日 開催場所 会頭 所属
第1回
(1954)
昭和29年
11月1日
東京 斎藤 文雄 愛育研究所
第2回
(1955)
昭和30年
10月8日
大阪 西澤 義人 大阪大学 教授
第3回
(1956)
昭和31年
10月6日
福岡 遠城寺 宗徳 九州大学 教授
第4回
(1957)
昭和32年
9月22日
仙台(宮城) 佐野 保 東北大学小児科 教授
第5回
(1958)
昭和33年
9月27日
東京 中村 文弥 慶應義塾大学 教授
第6回
(1959)
昭和34年
12月5日
名古屋(愛知) 坂本 陽 名古屋大学小児科 教授
第7回
(1960)
昭和35年
11月4日
東京 小林 彰 東京都衛生局 局長
第8回
(1961)
昭和36年
11月12日
広島 大谷 敏夫 広島大学 教授
第9回
(1962)
昭和37年
11月4日
新潟 小林 収 新潟大学 教授
第10回
(1963)
昭和38年
10月19-20日
熊本 貴田 丈夫 熊本大学 教授
第11回
(1964)
昭和39年
10月2-3日
金沢 佐川  一郎 金沢大学 教授
第12回(1965) 昭和40年11月15-16日 京都 永井  秀夫 京都大学 教授
第13回
(1966)
昭和41年
10月16-17日
東京 斎藤 潔 国立公衆衛生院 院長
第14回
(1967)
昭和42年
10月13-14日
岡山市民会館(岡山) 浜本 英次 岡山大学 教授
第15回
(1968)
昭和43年
10月5-6日
札幌市民会館(北海道) 南浦 邦夫 札幌医科大学 教授
第16回
(1969)
昭和44年
10月17-18日
国立教育会館(東京) 内藤 寿七郎 愛育研究所 副所長
第17回
(1970)
昭和45年
10月16-17日
石橋文化会館(福岡) 船津 維一郎 久留米大学 教授
第18回
(1971)
昭和46年
10月8-9日
岩手県公会堂(岩手) 若生 宏 岩手医科大学 教授
第19回
(1972)
昭和47年
11月10-11日
群馬県民会館(群馬) 松村 龍雄 群馬大学医学部 教授
第20回
(1973)
昭和48年
10月26-27日
徳島県郷土文化会館 宮尾 益英 徳島大学医学部 教授
第21回
(1974)
昭和49年
11月6-7日
東京慈恵会医科大学講堂(東京) 国分 義行 慈恵医科大学 教授
第22回(1975) 昭和50年
10月3-4日
弘前市民会館(青森) 泉 幸男 弘前大学医学部小児科 教授
第23回
(1976)
昭和51年
10月21-22日
長崎市民会館(長崎) 浅野 清治 長崎大学医学部小児科 教授
第24回
(1977)
昭和52年
10月18-19日
神奈川県民会館(神奈川) 入江 英博 横浜市立大学小児科 教授
第25回
(1981)
昭和53年
10月21-22日
米子市公会堂(鳥取) 堀田 正之 鳥取大学医学部小児科 教授
第26回
(1979)
昭和54年
11月1-2日
東京日本都市センター(東京) 林 路彰 国立公衆衛生院 部長
第27回
(1980)
昭和55年
10月30-31日
東京日本都市センター(東京) 中山 健太郎 東邦大学医学部小児科 教授
第28回
(1981)
昭和56年
9月25-26日
札幌市教育文化会館(北海道) 中尾 亨 札幌医科大学小児科 教授
第29回
(1982)
昭和57年
9月30-10月1日
那覇市民会館(沖縄) 知念 正雄 沖縄小児保健協会 会長
第30回
(1983)
昭和58年
10月29-30日
埼玉会館(埼玉) 高木 泰 埼玉小児保健協会 会長
第31回
(1984)
昭和59年
10月19-20日
京都会館(京都) 楠 智一 京都小児保健研究会 会長
第32回
(1985)
昭和60年
10月11-12日
秋田文化会館(秋田) 東 音高 秋田大学小児科 教授
第33回
(1986)
昭和61年
10月24-25日
都市センター(東京) 植田 穣 日本医科大学小児科 教授
第34回
(1987)
昭和62年
11月20-21日
県民文化ホール(高知) 尾木 文之助 高知小児保健協会 会長
第35回
(1988)
昭和62年
10月27-29日
新潟県民会館(新潟) 堺 薫 新潟大学医学部小児科 教授
第36回
(1989)
平成元年
11月2-5日
広島国際会議場(広島) 清水 凡生 広島大学幼児保健 教授
第37回
(1990)
平成2年
10月3-5日
日本都市センター(東京) 水原 春郎 聖マリアンナ医科大学 教授
第38回
(1991)
平成3年
9月26-28日
旭川市民文化会館(北海道) 吉岡 一 旭川医科大学 名誉教授
第39回
(1992)
平成4年
11月11-13日
島根県県民会館(島根) 森 忠三 島根医科大学小児科 教授
第40回
(1993)
平成5年
10月14-16日
金沢観光会館(石川) 四家 正一郎 金沢医科大学 教授
第41回
(1994)
平成6年
9月28-30日
茨城県民会館(茨城) 澤田 俊一郎 茨城県立こども病院 院長
第42回
(1995)
平成7年
10月18-20日
長崎市民会館長崎公会堂 辻 芳郎 長崎大学医学部小児科
第43回
(1996)
平成8年
9月25-27日
パシフィコ横浜(横浜) 小宮 弘毅 県立こども医療センター 所長
第44回
(1997)
平成9年
11月13-15日
国立京都国際会議場宝ケ池(京都) 澤田 淳 京都府立医科大学小児科 教授
第45回
(1998)
平成10年
9月30-10月2日
明治記念館(東京) 前川 喜平 東京慈恵医科大学小児科 教授
第46回
(1999)
平成11年
10月14-16日
ロイトン札幌(北海道) 南部 春生 聖母会天使病院小児科
第47回
(2000)
平成12年
11月15-17日
高知県民文化ホール(高知) 倉繁 隆信 高知医科大学小児科 教授
第48回
(2001)
平成13年
11月16-18日
東京ビッグサイト(東京) 青木 継稔 東邦大学医学部小児科 教授
第49回
(2002)
平成14年
10月10-12日
神戸国際会議場ポートピアホテル(兵庫) 中村 肇 神戸大学医学部小児科 教授
第50回
(2003)
平成15年
11月13-15日
鹿児島市民文化ホール(鹿児島) 鉾之原 昌 鹿児島大学医学部保健学科教授
第51回
(2004)
平成16年
10月28-30日
盛岡市民文化センター(岩手) 千田 勝一 岩手医科大学小児科 教授
第52回
(2005)
平成17年
10月6-8日
海峡メッセ下関(山口) 古川 漸 山口大学医学部小児科教授
第53回
(2006)
平成18年
10月26-28日
アピオ甲府(山梨) 大山 建司 山梨大学大学院 教授
第54回
(2007)
平成19年
9月20-22日
群馬県民会館(群馬) 森川 昭廣 群馬大学医学部小児科 教授
第55回
(2008)
平成20年
9月25-27日
札幌コンベンションセンター(北海道) 堤 裕幸 札幌医科大学小児科 教授
第56回
(2009)
平成21年
10月29-31日
大阪国際会議場(大阪) 大薗 恵一 大阪大学医学部小児科 教授
第57回
(2010)
平成22年
9月16-18日
朱鷺メッセ(新潟) 内山 聖 新潟大学医学部小児科 教授
第58回
(2011)
平成23年
9月1-3日
名古屋国際会議場(愛知) 大西 文子 藤田保健衛生大学医療科学部 教授
第59回
(2012)
平成24年
9月27-29日
岡山コンベンションセンター ママカリフォーラム 小田 慈 岡山大学大学院保健学研究科 教授
第60回
(2013)
平成25年
9月26-28日
国立オリンピック記念青少年総合センター(東京) 岡田 知雄 日本大学医学部小児科学系学小児科学分野 教授
第61回
(2014)
平成26年
6月20-22日
福島ビューホテル 福島グリーンパレス コラッセ福島(福島) 鈴木 順造 福島県立医科大学看護学部生命科学部門 教授
第62回
(2015)
平成27年
6月20-22日
長崎ブリックホール 長崎新聞文化ホール アストピア(長崎) 森内 浩幸 長崎大学大学院医歯薬学総合研究科小児科学
第63回
(2016)
平成28年
6月23-25日
大宮ソニックシティ(埼玉) 渡部 茂 明海大学歯学部 形態機能成育学講座 口腔小児科学分野
第64回
(2017)
平成29年
6月29日-7月1日
大阪国際会議場(大阪) 金子 一成 関西医科大学小児科学講座
第65回
(2018)
平成30年
6月14日-16日
鳥取県米子市米子コンベンションセンター、米子市文化センター(鳥取) 神崎 晋 鳥取大学医学部周産期・小児医学分野
第66回
(2019)
平成31年
6月20日-22日
タワーホール船堀(東京) 岡 明 東京大学医学部小児科
         

小児保健セミナー一覧

※なお、講演内容は小児保健シリーズとして刊行しておりますので関連書籍をご覧下さい。

回数 司会者 テーマ 講演内容
第1回
(1984)
木村 三生夫
平山 宗宏
小児感染症と予防接種の最新情報
−実地医家・市町村予防接種担当者のための−
小児感染症予防接種
予防接種
第2回
(1985)
木村 三生夫
平山 宗宏
B型肝炎のすべて B型肝炎の疫学と臨床
B型肝炎と免疫
HBウイルス抗原抗体検査法と妊婦への対策
B型肝炎母子感染の予防
B型肝炎母子感染の予防事業について
第3回
(1986)
木村 三生夫
高石 昌弘
これからの学校と小児保健の課題 学校における健康教育を考える
学校における教育指導の視点
「いじめ」の心理とその対応
自殺の防止と危機介入
多様化する思春期問題とその対応
第4回
(1987)
高倉 巌 子どもの食生活と栄養 幼児用ミルクの意義
学校給食
食事とアレルギー
成人病予防の食生活
第5回
(1988)
木村 三生夫
平山 宗宏
STD(性行為感染症)と小児
−親から子への感染の危機−
単純ヘルペスウイルス
クラミジア感染症
B型肝炎
エイズ
成人T細胞白血病ウイルスの母子感染
第6回
(1989)
平山 宗宏
水原 春郎
新しい予防接種 予防接種の考え方の変遷
麻疹おたふくかぜ風疹混合ワクチンの臨床
DPT三種混合ワクチン
水痘ワクチン
B型肝炎ワクチン
サーベイランスの利用とこれからの予防接種
第7回
(1990)
北川 照男
木村 三生夫
マススクリーニングと小児保健 BIA法によるマススクリーニングとそのfollow up
クレチン症とその早期発見治療
先天性副腎過形(21-水酸化酵素欠損)のマススクリーニング
神経芽細胞腫マススクリーニング
DNA診断とその展望
先天性代謝異常症と特殊ミルク
地域母子保健サービスの中のマススクリーニング
第8回
(1991)
巷野 悟郎
平山 宗宏
保健医療のあり方
−育児の原点を考える−
育児の原点を考える
最近の子どもの発育と評価
育児情報の功罪
子育ての原点は、(愛)である
世界のこどもの感染症と予防接種
これからの地域母子保健サービス
第9回
(1992)
平山 宗宏
木村 三生夫
育児・保健指導の要点 育児の基本を考える
最近の小児身体発育
幼児の心の発達と保健指導
新しい母子保健手帳
最近の食物アレルギーを考える
第10回
(1993)
水原 春郎
千葉 良
清水 凡生
小児保健指導の実際 乳児の保健指導
学童の心の問題
保健指導からみた疾病の早期発見
保健指導からみた疾病の予防と治療
健康の維持と増進
第11回
(1994)
水原 春郎
前川 喜平
小児けいれんの保健指導と包括医療 小児けいれんの診断と治療
てんかん児の健康管理と生活指導
てんかんをもつ子の集団生活での問題点
てんかん患者が考える諸問題
けいれんと予防接種
第12回
(1995)
赤坂 守人
水原 春郎
口腔と歯の健康相談 口の機能の発達ち障害−とくに咀嚼について−
小児の口腔の軟組織疾患、外傷について
最近の小児のう蝕の動向と予防について
小児の歯列・咬合異常との健康相談−健康検査における対応−
地域における母子歯科保健活動の現状と将来
第13回
(1996)
平山 宗宏
水原 春郎
新予防接種法による予防接種 予防接種制度について
予防接種の実施方法について
基礎疾患を持つ児への接種
接種が不規則になった児への対応
風疹、麻疹ワクチン接種と今後の展望
任意接種で行う予防接種
海外渡航者および外国人・帰国者への予防接種
第14回
(1997)
騠野 陽
水原 春郎
子育て支援の諸問題 「改訂 離乳の基本」を中心にした離乳食の進め方
集団生活での感染症と予防対策
乳幼児、学童の事故とその対策
乳幼児・学童期の心理的問題
第15回
(1998)
水原 春郎
騠野 陽
これからの小児保健活動 これからの小児保健の基本
保育園での保健の要点
健康診査、育児の実際
小児保健活動と学校保健
心の健康・精神保健のあり方
第16回
(1999)
加藤 達夫
城 宏輔
感染症と集団生活 結核
学校伝染病(学校保健法施行規則の改定)
食中毒:腸管感染症
院内感染症
集団生活と肝炎ウイルス感染
感染症新法の解説
     〃
第17回
(2000)
加藤 達夫
衞藤 隆
心の健康支援 母親への心の支援
乳幼児への心の支援
学童期への心の支援
思春期への心の支援
子どもの虐待と子どもの権利擁護
第18回
(2001)
加藤 達夫
衞藤 隆
予防接種:現状と今後 風疹ワクチン 接種率と先天性風疹症候群
麻疹ワクチン
ポリオワクチン 生ワクチンと不活化ワクチン
インフルエンザワクチン
小児結核の現状−ツベルクリン反応とBCG−
今後開発導入されるワクチン
第19回
(2002)
加藤 達夫
森川 昭廣
アレルギーを考える 最近のアレルギーの考え方
環境とアレルギー
子どものアトピー性皮膚炎の考え方と治療
喘息の原因と治療
保健所におけるアレルギー対策
第20回
(2003)
加藤 達夫
村上 睦美
健診時に注目すべき小児境界領域の疾病
−どのような症状があったら専門医に相談するか?−
泌尿器科
耳鼻咽喉科
健診時に注目すべき整形外科疾患
見逃してはならない小児眼疾患−斜視・弱視を中心に−
皮膚科:健診時に注目すべき皮膚色素異常・母斑・血管腫
小児外科:臍ヘルニア・臍ポリープ・鼠径ヘルニア
第21回
(2004)
高橋 孝雄
渡辺 久子
21世紀の小児のメンタルケア
−困難な時代を生きるこらを支えるために−
不登校の世界と子どもたちの心の居場所づくり
成長曲線を用いた摂取障害、虐待・ネグレクトの早期発見について
思春期やせ症:小児科医による効果的な初期治療
子どものPSTDを巡って
医師・看護師のための新虐待防止法
思春期にみられる乳幼児のこころ
第22回
(2005)
高橋 孝雄
五十嵐 隆
不定愁訴を持つ子どもへのアプローチ 不定愁訴に対する心身医学的アプローチ
夜更かしがもたらす不定愁訴−内的脱同調(慢性時差ぼけ)の紹介−
不定愁訴からみた小児慢性疲労症候群
現代版「不定愁訴」の背景にあるもの:保健室症候群・不登校の問題をかかえた子どもたち
子どものうつ病−不定愁訴の観点から−
頭痛・腹痛などの慢性症状に対する適切なアプローチ
第23回
(2006)
加藤 達夫
住友 眞佐美
予防接種 2006 日本の予防接種行政の展望
麻疹・風疹対策とMRワクチン
日本脳炎と日本脳炎ワクチンの今後
現行ワクチン・DPTワクチン
ポリオ根絶とわが国のポリオワクチン
小児の結核対策とBCGワクチンの位置づけ
小児のインフルエンザとその予防
今後の細菌性ワクチン
第24回
(2007)
高橋 孝雄
加藤 則子
乳幼児期の食育
〜食育の観点から子育て支援を考える〜
「授乳・離乳の支援ガイド」について
食べる機能と味覚の発達
母体および幼少期の栄養と慢性疾患リスク
乳幼児の食物アレルギー・・・食育の観点から
保育園の食育実践
食育の観点から考える生活習慣病予防
食情報とフード・ファディズム
第25回
(2008)
高橋 孝雄
五十嵐 隆
思春期の子育て支援
〜小児科の新たな課題〜
これからの思春期診療
思春期・青年期のこころ
思春期の栄養と食生活
思春期の貧血、血液疾患を持つ子どもの思春期
慢性の消化器症状を訴える子どもの診かた
思春期・青年期のメンタルヘルスケア
問題行動のある子どもへの理解と支援
沖縄
(2009)
高橋 孝雄
安次嶺 馨
小児保健ネットワ−ク ネットワ−クという名称から生まれたもの
はしか“ゼロ”から見えてきたもの
重症心身障害児者を取り巻くネットワ−ク・人の輪
小児救急医療現場で遭遇する児童虐待
人間はなぜ感動するか:生命と宇宙の誕生の物語から
第26回
(2009)
高橋 孝雄
松井 陽
平岩 幹男
乳幼児健診とその周辺、いま知っておきたいこと 乳幼児健診の歴史と法的根拠
個別と集団の乳幼児健診
乳幼児健診での歯の知識
小児の成長・発達と乳幼児の神経発達の見方
乳幼児健診とことばの遅れの見かた
自閉症への早期療育
発達障害の早期発見と5歳児健診
第27回
(2010)
加藤 達夫
平岩 幹男
高橋 孝雄
関口 進一郎
保育の問題をめぐって 幼児期の低身長をめぐって
病児・病後児保育の現状と問題点
予防接種をめぐる問題
医療機関との連携のしかたー救急医療の現場からー
保育園での親子関係への介入と対応
アレルギーの問題:食物アレルギーを中心に
気になる子どもたちへの対応:家族とのかかわりを含めて
第28回
(2011)
高橋 孝雄
関口 進一郎
小児保健と関連領域 こんなに大事!3歳児眼科検診
見過ごされがちな骨や関節の病気
小児耳鼻咽喉科医からの大切なメッセージ—子どもたちの健康のためにー
小児の口腔機能発達におけるひとつの診断ポイントー舌強直症を中心にー
子宮を大切にしよう!ー思春期の月経異常の対処の仕方と子宮頸がん予防ワクチン接種の意義ー
日常みられる小児外科疾患:当科における最近の外科治療
第29回
(2012)
高橋 孝雄
関口 進一郎
医療的ケアの必要な子どもへの支援 医療の立場から:特に学校における医療的ケアについて
医療を必要とする子どもの災害への備え—子どものセルフケア能力を高めるために—
医療的ケアの必要な子どもへの支援—教育の立場から—
地域の医療連携、レスパイトケア
小児在宅医療の現状と課題
第30回
(2013)
大関 武彦
村田 光範
小児の生活習慣病のすべて 出生体重と子どもの生活習慣病
小児肥満と遺伝
小児生活習慣病:成人の生活習慣病との違い
小児生活習慣病の診断と治療
小児生活習慣病と栄養
小児生活習慣病予防検診の現状
肥満小児の長期予後
2014 実施なし
第31回
(2015)
平岩 幹男
岡田 知雄
第1部:乳幼児健診とその周辺
第2部:思春期と性の問題をめぐって
第3部:最近の話題
健診後のフォロー「早期発達支援・家庭支援・地域の縦横連携」
5歳児健診をめぐって
古くて新しい疾患―乳児(先天性)股関節脱臼―
性に関する思春期支援のあり方
歯科保健up to date―唾液の機能―
第32回
(2016)
德村 光昭
井ノ口美香子
森田 久美子
子どものアレルギー疾患の行方
-現状と展望-
子どものアレルギー疾患/
千葉大学大学院医学研究院小児病態学
下条 直樹
食物アレルギー/
昭和大学医学部小児科学講座
今井 孝成
食物アレルギーの子どもの栄養指導 -食事管理のコツ-/
小児アレルギーエデュケーター・管理栄養士
長谷川 実穂
気管支喘息/
慈恵会医科大学小児科学講座
勝沼 俊雄
アトピー性皮膚炎/
国立成育医療研究センター生体防御系内科部アレルギー科
福家 辰樹
吸入やスキンケアをいかに上手に継続させるか -実践方法とコツ-/
東京都立小児総合医療センター 小児アレルギーエデュケーター
益子 育代